No.151 甘さと優しさ

 今年に入って、いや今月に入ってから、立て続けにめちゃくちゃな運転者が目立ってきました。

普段運転しない方が運転する土日は、あり得る事だと思ってたのですが、ここのとこは平日まで。

先日は、こちらが直進してると左の道を走ってきた車が一時停止もしないで、こちらの前にビューンと(^_^;)

仕方なくその車の後ろを走ってると、急いでる感じもない。

なのに、次の信号でそれは無理だろうってタイミングで赤信号を突破。

数日後は、青になった信号を2台目で進むと左から車が進入してきた!!(*_*;

そっち赤だよね? こっちの信号の1台目は既に行ってるのに、タイミングおかしくない? もう訳がわかりません(-_-;)

そんな話をTさんにすると、甘い教習所が増えてるとか?

運転免許を取る人が減っているので、生徒の取り合いになっていて 今時厳しい教官は嫌われる。

エンジンをかけただけでも、よく出来ましたね〜と褒められるとか。

甘い環境は、福祉だけでなく社会全体に広がってるんでしょうね。

でもさ〜、そうやって免許を取った人が ちゃんと運転出来るんでしょうか?

本人が事故を起こすのを誘発してると思うんですけど。

免許を簡単に取らせといて、後は知らないって無責任ですねー

 

 今日、ちょっと感動な事がありました。

ぽぽろの子達は、冬になると上着のチャックを上まで目いっぱいに上げたい子が多いのですが

それは、ひとつのこだわりだから なるべくさせないようにしています。

(こういうのをひとつずつ減らしていくのが大事なのですが、本人の意思に任せてたら減るわけない)

なので、会った時にちょっと下げてと言うと、文句言いながら下げる子、上着を脱ぐ子、普通に下げる子など。

今日のR君は、以前は言っても下げないから こっちが無理やり下げたりしていました。

ここのとこは、言ったら下げる感じだったのですが、今日は会った瞬間に自ら下げてくれる!

何も言わないのに自分からやる行為は、すごい☆

どうせ言われるんだから、と思ってたとしても、先回りして考えたんでしょ〜

毎回同じ事を言ってその繰り返しが多い中、自らの意思でしてくれるのはちょっと感動。

興奮気味に褒めて、おやつ何でも好きなもの買っていいよ〜、大好きな海に行こう!となりました(^^ゞ

褒めるのは、何かを乗り越えて出来た時ですよね〜  エンジンかけたくらいじゃ(笑)

 

 東日本大震災から6年が経ちました。

あれから、他人を思いやる気持ちが強くなって、みんな優しくなった?と思ってたけど・・・・

優しいんじゃなくて甘くなったのかな。

甘いのはトータルで見ると、優しいの反対。

子ども達をみる上でも、その事は肝に銘じとかなければいけない事だと思います。